日本の女性に良く似合う振袖|和の心を受け継ぐ伝統美

着物

日本人ならではの服

着物

日本の歴史を語る上で欠かせない和服は、今、世界的にも注目されています。和服は大胆な模様や色合い、さらには日本のわびさびを感じさせるデザインで見る者を圧巻させます。そのため、海外のファッションデザイナーたちからも注目されているファッションアイテムなのです。本来、和服は日本人の普段着として愛用されていましたが、海外の文化が盛んになり、洋服が主流になった現代では普段着として着用する人はほとんどいません。特に若い人の間では和服を着用する機会はめったにないといえます。現代人が最初に和服を着用するのは七五三です。次に夏祭り、成人式、卒業式、結婚式が一般的です。夏祭りでは浴衣を、成人式では振り袖、卒業式では袴、結婚式では白無垢や着物を着用します。このようにイベント事や大事な日にTPOや季節に合わせた和服を選ぶことがポイントです。

和服を所持している人は少ないといえます。和服は洋服に比べると高い値段がついており、高級品として扱われているためです。そのため、最近では和服のレンタルが主流になっています。特に成人式や卒業式、結婚式などに着用する和服は、非常に品のあるものが求められているため、購入するとなると非常に高い金額が必要になります。また、自分で着付けを行なうのも困難だといえるため、今ではレンタル業者で着付けやメイクを施してもらう人が増えているのです。ちなみに、より安い価格で和服を着用したいと考えている人は、インターネット上の通販サイトやレンタル業者を利用すると適切です。手軽な価格で和服セットをレンタルすることができるので、気軽に和服を楽しむことができます。